ネイルスクールでプロの技術を磨こう|手に職をつける

ノートとペン

学校で学ぶ

女性

テレビや雑誌などでタレントやモデルが出演する際に、服や小物などをコーディネートする仕事を、スタイリストと言います。スタイリストの魅力は、テレビや雑誌などの業界に携われることです。このような業界は、一般人はなかなか見ることができないです。その制作の裏側を、スタイリストとしてサポートできるというのは大きな魅力です。スタイリストになる方法はさまざまありますが、一般的には服飾系の専門学校に通うケースが多いです。服飾系の専門学校に通うことで、講師からプロの技術を直接学ぶことができます。また、講師は業界で活躍しているケースが多いので、人脈を広げる機会にもなります。服飾系の専門学校では、座学で知識を身につけるだけではなく、現場研修もできるので実践的な力も習得できます。スタイル事務所やフリーアシスタントの採用条件として、服飾系専門学校卒業としているところも少なくありません。ファッションについて全く知識が無いという場合は、専門学校に通って、専門用語やメイクなどの基礎知識を学ぶと良いでしょう。

スタイリストの専門学校では、ファッション関連の資格を取得することも可能です。ファッションの業界で資格は必要ない、と思っている方も多いですが、資格を持っていれば就職のときにアピールできますし、1つのステータスにもなります。専門学校で作るポートフォリオも、就職の際に活用できます。ポートフォリオとは、自分の作品集のことです。事務所に就職する際に、ポートフォリオを見せることで、自分のスキルやセンスを証明することができます。